有名人のサインはなぜ読めないものになっている?

有名人のサインはなぜ読めないものになっている?

有名人のサインは字であることすらわからないものも

有名人のサインは、本人の名前が書かれているとはわからないほど崩した状態になっていることが多いです。なぜ、有名人のサインは字の原型がないほど変わった形になっているのでしょうか。まず理由として挙げられるのは偽造防止です。有名人のファンの中には遠方地に住んでいて、イベントなどには絶対に参加できないという人が珍しくありません。そういう人の中には、サインはお宝であり。お金を出してもほしいと考えている人がいるのです。

偽造されて勝手に売られないようにするための工夫

なので、実際、インターネットオークションに出品されている有名人のサインを落札する人はたくさんいます。ただ問題は、サインは本人以外でも書くことができるということです。有名人のサインを真似て書いたものをネットオークションに出品し、お金を得ている人は少なからず存在し、有名人本人と彼らが所属している事務所の悩みの種になっています。そのため、簡単に真似ができないよう、サインを癖のある形にしてるというわけです。

サインを短時間でたくさん書けるように

別の理由としては、たくさん書けるようにするためというものが挙げられます。たとえば、名前が漢字で五文字あるような芸能人、あるいは名前に使われている感じの字画が多い人の場合、フルネームをしっかり書いてサインをすると非常に時間がかかります。有名人は短時間で何十枚もサインを書かないといけないことがあるので、一枚書くのに何分もかかっていたら大変です。そのため、名前の漢字を崩し、簡単に書けるようにしてサインをするというわけです。

山本英俊は愛知県の出身で、パチンコ機器卸売会社の代表取締役会長です。競走馬の馬主としても有名な方です。